電話窓口からお葬儀まですべて自社でご対応いたします。

営業時間
朝5:00~深夜0:00
 定休日 
年中無休
フリーダイヤル コヨイ クヤミ
0120-541-983

     

まずはじめに

 ご家族の皆さま、この度は心よりお悔やみ申し上げます。 愛するペットが息を引き取り、動揺や悲しみが隠せずに大変お辛い気持ちであることと存じます。これからお別れを迎えるにあたり、お葬からご供養という大切なお世話がございます、不覚にもご自身を責めたり罪意識を背負ったりすることはペットちゃんにも、また飼い主様ご自身にもよくありません。 まずは優しく撫でてあげながら、ねぎらいの言葉をかけてあげましょう。

・イラストを使って説明します

準備するもの

  • タオルやブランケット
  • ペットシーツ
  • 保冷剤
  • 大好きだったおやつやお花など

※夏季に2日間以上ご自宅で安置する場合はドライアイスの購入をお奨めします。街の氷屋さん・お葬儀屋さんにお問合せして購入しましょう。

お電話でのサポートはこちら

フリーダイヤル コヨイ クヤミ
0120-541-983

処置方法の流れ

息を引き取ったら

  • 柔らかいおふとんの上にお身体を寝かせてあげましょう。
  • まもなく死後硬直がはじまります、寝ている時のように手足を優しく胸のほうにたたんであげましょう。どうしてもと無理に力を入れて行なう必要はありません。

動物は代謝が止まることにより、自然とまぶたが開いてしまう子がほとんどです、それは人間と違い目の周辺の皮膚にたるみが少ないためです。苦しんで息を引き取ったというわけではありません。

 

お身体を清める

  • 清潔なタオルやブラシでお身体をきれいに拭いて整えてあげましょう。
  • お口元とおしりにペットシーツを敷き、まめにチェックしながら清潔を保ちましょう。

​​緊張が解けてお口やおしりから体液がこぼれる場合があります、これは血管やリンパ菅が死後硬直により破れたりするために起こります。

保冷剤をお身体にあてる

  • 保冷剤を首元・お腹・おしりの三ヶ所にあてて冷やしてあげましょう。

体の大きさや季節によって数を調整し、必ずタオル等で包んで使用してください。

 

  • ドライアイスを用いる場合は取り扱いに充分ご注意ください。タオルで包んだドライアイスはお身体に直接あてずに背中とお腹に沿わせるようにして置いてあげましょう。

 

夏季は涼しくする

  • 清潔なタオルやブランケットをかけてあげましょう。
  • ダンボール箱などで囲んであげることによって冷却効果が増します。

腐敗が進む時間の早さは気温や体の大きさによって異なります。夏季ではエアコンをつけるなど、なるべく涼しい場所に安置してあげてください。

お花やおやつを供える

  • 大好きだったおやつやお花をお供えしてあげましょう。
  • ご火葬時に一緒に持たせてあげることができます。

移動式の火葬車両ではお棺やダンボールを入れることはできません、のでご了承ください。

以上がご自宅でできる適切な処置方法となります。一緒に暮らしたライフパートナー、お別れは悲しんで当然なことです。これから旅立ちを迎えるにあたって心配ごとやご不明な点がございましたら、虹の橋 受付サポートまで気兼ねなくご相談ください。一級動物葬祭ディレクターの専門スタッフが優しくお話をお聞きいたします。

本日の受付時間

朝5:00~深夜0:00まで

(即日対応・ご相談など)
フリーダイヤル コヨイ  クヤミ
0120-541-983

メールお問い合わせ

(24時間受付)
必須
必須

例:○月◯日 ○時頃

例:000-0000-0000

例:contact@pet-rainbow.com

(プラン内容・お見積り・ご相談など)

送信完了画面が出るまで4〜5秒間お待ちください。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

絵本のご紹介

約束〜虹の橋のたもとでまたいつか

作 ふくふくやま
絵 芽衣(めい)
(出版:ブイツーソリューション)

コメント

ペットを亡くされた方へ贈る、虹の橋の物語。絵本の出版に弊社もご協力させていただきました。

フリーダイヤル コヨイ クヤミ
0120-541-983
担当者 直通
080-4851-7216

訪問ペットセレモニー虹の橋

類似サイトにご注意ください

家族立会葬の流れ(例)

①ご予約・ご相談
②スタッフご訪問
③ご案内・準備
④お見送り
⑤ご収骨
※室内収骨が可能です
⑥ご返骨
フリーダイヤル  コヨイ クヤミ
0120-541-983